彼は秘密の女ともだち

著名人の皆さんからのコメントが続々!

美輪 明宏さん

綾の糸のように複雑難解な人間の愛情心理を見事な包丁さばきで楽しく観せる監督の腕前に乾杯。これぞフランスのエスプリ!!

ピーターさん(タレント)

男も女も、性別関係ない「親友」ってひとりいるといいよね。できたら男の気持ちも、女の気持ちもわかる「友達」…

菊地 成孔さん(評論家)

ペドロ・アルモドヴァルとの影響関係という構図もとりつつ、実際はスペインとフランスが真逆である所をえぐり出す。結末はどのLGBT映画よりも先鋭的でアクロバティックでありながら、オゾン作品中最も暖かくコミカルで、リアルな愛に迫っている。

鈴木 杏さん(女優)

男/女、友人/恋人…その境界線が複雑に絡み合い、溶けて、ふたりの関係は息づきはじめる。揺れながらも核心を掴もうとするふたりの姿は、しなやかで、強くて、もう絶対、忘れられない。

佐伯 チズさん(美容家)

この愛は複雑そうに見えるけど実はとってもシンプル。直感で人を好きになる---男女の関係を超えた究極の愛の形。すっごくよくわかる!! なるほど!!

齋藤 薫さん(美容ジャーナリスト/エッセイスト)

これほどスリリングで予想不可能な恋愛モノがあっただろうか?友情は恋愛に酷似していると初めて気づかされた。そしてジェンダーを超えた“人間と人間の恋愛”という、新しいカテゴリーの発見は、この上なく感動的である。

立花 奈央子さん(女装コーディネーター・フォトグラファー)

あなたは自分自身を生きていますか?自分の本当の望みを見つけた人は、迷わないで。人はいつからでも、自分らしく生きることができるのだから。「普通の人」にこそ見てほしい、共感が掘り起こされる人生讃歌!

比留川 游さん(モデル・女優)

人にはそれぞれ幸せの道がある。決まり事なんて何もないし、性別を超えた友情や愛を感じさせてくれる作品でした。

安冨 歩さん(社会生態学者・東京大学東洋文化 研究所教授)

衝撃のオープニング。フランス映画ならではの美しい映像。そして男女の区別という愚かな虚構が崩れていくとき、世界のすべてが流れだしていく。壁を溶かしながら、魂と魂とが、ためらいつつ出会うとき、そこに愛が生まれる。説明は必要ない。人生に必要なものは、愛とワインだけだ。

佐藤 かよ(モデル・タレント)

人生はたった一度きり。悪いことはしていない、それが大事!世間の目よりも自分らしく生きたいと強く思い、無邪気に女性を楽しむ主人公がとても素直で可愛らしい。否定に負けない自分らしさとは何かを考えさせてくれる映画です。

IVANさん(タレント)

非常に興味深くて、セクシャルマイノリティーに生きる人たちが見たら痛感するはず!そうでない方が見ても、性別を超えた友情と愛情の形を楽しめる作品。